内に向かう時間の使い方

雑記

俗に言う、
マイナスな気持ちに落ちる日って
ありますよね。

それって、
内に向かう時間と捉えてみると、
案外するりと解消することがあります。

これは、最近毎晩お世話になっている
(娘が絵本と言って読んでほしがる)
斎藤一人さんの教えを
私なりに咀嚼してます。

内に向かう時間
なんだかやる気が出ないなら
ひと息、コーヒーとか紅茶で
ブレイクタイムを長くとるとか。

あたまがモヤモヤ落ち着かないなら
自分の中にいる神様は
今自分に何に気づかせようとしているのか。

気持ちばかりセカセカしてしまうなら
とりあえず大きく吸ってー吐いてーを
2〜3回してみるとか。

自分に矢印を向けるタイミングが
その時なんじゃないかなって思います。

実は昨日からもヤリンティーヌだった私は

仕事が少し早く片付いたので
カフェでお茶しながら

じゅずとも
じゅずとも

何にもやらなくていいのに、
それでもやりたいことって
なんなのさ。

と内側の神様に聞いてみた。

ちなみに私の中の神さまと私は
対等な関係にしております。

自分より上にしちゃうと
言うこと聞かないといけない気がしちゃうから(笑)

そしたら、

じゅずとも
じゅずとも

自分の中にある知識や技術、
あらゆるツールを使って、
お商売している人の
なりたい未来を叶えたい。

とのことで。

自分がたんまり稼ぐより、
携わった人が
しっかり稼げるように
なって欲しいって、
結構本気で思っていて。

ただ、私にも生活はあるし、
自分が貧乏なのに余裕ないのに
人をどうこうできないので、
無料とか低すぎる価格設定では
やらないと。

じゅずとも
じゅずとも

自分が思う適正価格で、
その価値を共有できる人と
一緒に未来を叶えたい。

って。

おこがまし話ですが
私と関わっていただいた方には
もれなく今より
もっと稼いでほしいし輝いてほしい。

そのために
あらゆる手段を惜しみなく
提供したい。

うっかり
自分の適正価格を低く見積もってしまって
やればやるほど疲弊するようなことを
今までやってきたので(笑)

経験値上がれば価格は上がるものだと
私は思うので

今より少し先には
私の提供するサービスの価格は
上がってもいい。

でも、
価格以上の価値を常に提供できるよう
日々アンテナ張って、
自分のビジネスセンスや感覚を
磨いていきたいな、と。

そんな改めての気付きをもらった

内に向かう時間の活用事例でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました